サイゼリヤのティラミスクラシコはアルコール入り?口コミや本場の味比較

誰でもサイゼリアには1度は行った事あると思いますが、ティラミスが変わったのは知っていますか?

今回は、サイゼリヤのティラミスがアルコール入りじゃないか?という事やサイゼリヤのティラミスがテイクアウトOKなのかという疑問にお答えしますね~

テイクアウトはこの時期は大変助かりますし、美味しいデザートも本場に近いぞと話題になっていますし料理のプロもうなる味わいのようです。

そこでこの記事は、サイゼリヤのティラミスはアルコールがはいっているのかや本場の味との比較なども一緒にしていこうと思います。

サイゼリヤのティラミスクラシコはアルコール入り?

サイゼリヤのアノ美味しいティラミスは【アルコール】が少量ながら入っています。

アルコールアレルギーの方や妊婦さんや授乳中の方は注意したほうがよろしいかと思いますが、我慢ばっかりしてストレスになるようなら私なら少し食べちゃいますね。

通常通り健康で問題ない方は、サイゼリヤのティラミスはアルコール入りなんだって事は理解程度でいいかと思います。

材料に使用されている【マスカルポーネチーズ】はイタリアから輸入されたマスカルポーネチーズを使っていて、本場の味を再現されていますね。

金額はなんと言ってもかなり安く、税込みで300円!

これなら誰でも食後やおやつに注文できちゃいますよね。

サイゼリヤのティラミス2種の違いは何?

以前【アイスティラミス】がデザートメニューに大きく掲載されていましたよね?

そしてサイゼリヤではこのアイスティラミスがデザートの主をになっていて、私も以前注文したときにどうやって食べるんだろう?かぶりつくのかな?と悩んだこともありました・・・

現在2022年のデザートメニューにはこの【アイスティラミス】がなくなって、【ティラミスクラシコ】のみの販売となっております。

サイゼリヤのメニュー確認はここから出来ます

メニューを確認

ちなみに現在主流の【ティラミスクラシコ】は飲むティラミスとも言われて人気が爆発していますし、食べているそばから食感が変わりそこも人気となっていますね。

本題に入りますが、この2つのティラミスの違いはどこにあるのでしょうか。

アイスティラミス

単純にアイスタイプのティラミスで、若年層に人気のデザートで現在販売終了

ティラミスクラシコ:現在のサイゼリヤのウリのデザートで本場に限りなく近いティラミス。

素材もこだわって本場イタリアから輸入したマスカルポーネチーズを使用して老若男女に好まれるティラミス。

最近のサイゼリヤはかなり素材にもこだわったり、調理の過程も本場に近いもの多くなってきてりますね。

サイゼリヤのティラミスはテイクアウトOKになった?

最近になって【おうちサイゼ】という事でテイクアウトを強化しているサイゼリヤなんですが、現在も一部のメニューがテイクアウトOKになっていてメニューをみて店員さんに確認をする必要があります。

例えば、白ご飯はないのでターメリックライスになったり。

その中でデザートもテイクアウトがOKなのでティラミスはテイクアウトOKなのかもチェックしていきましょう!

2020年5月22日に【ティラミスクラシコ】がテイクアウト可能になりました!

決して1人では注文厳禁×です。

理由は、6人前のデカ盛りティラミスクラシコになってしまうからです。

金額は、税込み1740円で6人で分けると1人あたり300円弱で食べられるのでホームパティーなんかには最適だと思います。

基本的には全店舗で【テイクアウト】は行っていますが、ネット注文が出来る場所はまだまだすくないので電話注文直接お店で注文で持ち帰りという方法に限定されています。

サイゼリアのデザートは本場の味に近いの?

現在ツイッターではサイゼリヤトレンドに入っていますが理由は、【サイゼリヤって本場の味なのにあの価格ヤバいよね!】って料理研究家のツイートが基になっています。

では実際どうなのか、イタリアの方の感想の動画です。

私がこの動画をみて感じ事は、イタリアの方って味に凄いこだわりを持っているんだなと感じました。

ただ日本はこの金額だからこの味は美味しいよね~って感じであまり素材1つ1つに焦点を当てずに食べてしまうことが多いよなとかんじましたが、あなたはどうですか?

この記事はティラミスなんですが、イタリアの方でも好みはある物でこの女性はこの好みだったわけですが、他のイタリアの方の感想もご紹介しますね。

まとめ

以上調査となります。

イタリアの方も安心して食べられるご飯やデザートが豊富なんだって事がまた再認識できました。

そしてティラミスにはアルコールが含まれるので、妊婦さんやアレルギーの方は本当に気をつけて楽しんでくださいね。

またサイゼリヤに行くときがあったら、ぜひティラミスクラシコを注文してみてください。

 

コメント