ナンバMG5の意味とナンバデッドエンドにタイトル変更の理由を解剖

ニュース

ナンバMG5漫画が実写化ドラマになりますが、初めから面白く見る方法を知りたくないですか?

私は知りたい派なので、ドラマを面白く見られるコツを調査していこうかと思います。

  • ナンバMG5の言葉の意味
  • ナンバMG5とデットエンドの違いも解説
  • ナンバデッドエンドにタイトルが変更になった理由
  • ナンバMG5のファンの声も紹介

でお送りしようかと思います。

ヤンキー漫画は人間関係が難しくて苦手という方もおすすめなのでぜひ一緒にナンバMG5を知って春ドラマに備えてみましょうね。

ナンバMG5の意味はいったい何?

ナンバMG5の作者の小沢としおさんですが、本当に面白いネーミングを思いつきますよね。

と言うのも、ナンバMG5の意味が相当面白いです。

ナンバは、難波君じゃないですか、MG5っていうのはマジギレ5秒前って意味なんですよね。

なんでマジギレ5秒前をMG5にしたのか気になりませんか?

気になる方は進めてくださいね~

 

当時の高校生の間でDAI語にする感じが流行っていましたよね、それこそ懐かしいんですが。

ギャル語のMG5(マジで切れる5秒前)や広末涼子さんの歌のMajiでKoiする5秒前を派生させたのでないかと言われているんです。

でもマジで切れる5秒前をMG5にすると結構カッコイイし、もっと違う意味なんだろうなってこっち側が勝手に解釈しちゃいますよね。

ナンバMG5とナンバデッッドエンドの違いはどこ?

本編と続編が存在するナンバMG5ですが、ナンバデッドエンドとの違いはどれくらいあるのでしょうか?

ナンバMG5の大筋の話は、主人公の難波剛が高校に入学するところからスタートしています。

ナンバデッドエンドは時間が進み、主人公の難波剛が高校3年に進級したところからスタートという具合になっていますね。

具体的には、ナンバMG5はケンカやアクションが多彩なんですがナンバデッドエンドになるとケンカやアクションよりもシリアスな話しが多くなってます。

1人のヤンキー辞めたい男の子の高校での成長物語を見ているような感覚になるのがこのナンバMG5とナンバデッドエンドという訳ですね。

ナンバデッドエンドにタイトルが変更になったワケとは?

そもそもの理由としてナンバMG5は連載当初が「激バカヤンキーコメディー」でした。

それがだんだんと剛の二重の生活の悩みをちゃんと描きたい!という小沢氏の思いが強くなり、シリアスな内容が多くなっていったのが理由ですね。

MG5で主人公剛は二重生活を維持していくために色々と苦悩や奮闘をしてきたのですが、続編のデッドエンドに入ると二重生活も周りのメンバーからだんだんとバレていきMG5以上に悩みもがく姿が描かれています。

作者の小沢氏は、MG5とデッドエンドに内容として線引きをしたかったのだと思われますよね。

 

作者の小沢氏のコメント

デッドエンドは3年生になった剛の二重生活が徐々に彼の大事な人にバレていき、MG5以上に悩みもがき苦しむ姿を面白おかしくシリアスに描いていこうと思います。

みなさんはS心を持ち悩む剛にニヤニヤしながら時には応援して楽しんでいただけたら幸いです。

とコメントを寄せていますよね。

ナンバMG5のファンの声はどうなのか調査!

実際ドラマ化されると言うことでファンの方の意見はどうなんでしょうか。

気になるので合わせて調査していきたいと思います。

https://twitter.com/7_mm6w/status/1485762539455918080?s=20
https://twitter.com/capputea/status/1485560173284696065?s=20
https://twitter.com/itaku_MOB/status/1483608707695276033?s=20

 

結構読んでいました!と言うファンの方々は期待している声が多いみたいで、アンケートを見ても分かる通り心にドンと響いて感情移入するところが多い原作という事が分かりますよね。

これは知らないとつまらないただのヤンキードラマになってしまうのでは?と思うので、少し知識入れて置くだけで見え方が180度変わるドラマなんだなと感じました。

★キャスト大丈夫?と思った方はこちら↓★

キャストと登場人物はいったい誰?放送スケジュールどうなってる?

 

まとめ

2022年4月フジテレビの水10枠でスタートする間宮祥太郎さん主役のドラマが期待されまくって話題になっちゃってますね。

私も絶対リアルタイムで見るぞ~と意気込んでおります。

 

コメント

  1. […] ナンバMG5の意味と続編がナンバデッドエンドにタイトル変更のワケとは? […]